スポンサードリンク

スポンサードリンク

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール

最新版のダウンロードはこちら↓
EXCEL版
BlogHPEditTool.exe

※実行ファイル版を作成中の為、
 今後、修正やバージョンアップはありません。m(__)m

EXCEL版の最新版の説明はこちら

最新情報 (RSS)

ご意見・ご感想などはこちらにコメントくださいm(__)m

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール

CentOS 5.1 VMware Serverで仮想OS

さて前回は、DiCE 無料サブドメインでダイナミックDNSの設定をしました

今回は VMware Serverで仮想OSの構築です


前回「CentOS 5.1 DiCE 無料サブドメインでダイナミックDNS



そもそも仮想OSとはなんぞや?

Windows や Linux などの OS(オペレーションシステム) 上で
動く OS です



わからん。。。



Windows や Linux などに
いろんなソフトをインストールして動かしているように
OS 上の OS をインストールして動かす事が出来ます



ん〜
わかりにくい。。。(ーー;)



えぇぇぇい
調べろぉぉぉぉ!

Google検索 - 仮想OSとは





えー
CentOS には Xen という仮想OSの為のソフトがあるのですが
これは使いません

なぜか?

使い慣れてないからです。。。(-。−;)



で、
使い慣れた VMware Server をインストールします

VMware Server: サーバ仮想化を始めるための無料版ソフト - VMware





まずは、VMware Server の取得です


このソフトは無料のユーザー登録をしないと使えません

インストールするときにシリアルナンバーが必要なのですが
そのシリアルナンバーがユーザー登録しないと取得できないのです



で、ユーザー登録

こちらからユーザー登録

VMware - アカウント登録


サクッと登録してください。



登録が終わるとログインできるようになります

シリアルナンバーの取得は
ログイン後、右側のメニューなどに

「シリアルキーの配布」
「シリアルキーの申し込み」

などのリンクがあるので
そこから取得する事が出来ます



リンク先に
製品を選択する所があるので

「VMware Server for Linux 1.0.0」

と、あるので
選択して
「シリアルキーの送信」ボタンをクリック

すると
ユーザー登録時に設定したメールアドレスに
シリアルナンバーが送られてきます



VMware Server の取得は
ログイン後の
「ダウンロード」のリンクから
ダウンロード出来ます


ダウンロードするファイルは3つ


VMware Server Version:1.0.5 | Build 80187(2008/04/23現在)
・サーバ
 Linux版ダウンロード(RPM)
・サーバ-クライアント
 Linux版ダウンロード(zip)
・マネージユーザメントインターフェイス(mui)
 Linux版ダウンロード(tarball)

この3つです




アメリカのサーバーからもダウンロード出来ます
(日本のサーバーは重い時が多いのでこちらの方が良い?)

Download VMware Server, free VMware, virtual server - VMware

最新バージョンの「Download Now」ってヤツをクリックし
「使用許諾契約書」が英文で表示されるので
一番下までスクロールして「Yes」をクリック

ダウンロードページ内の
Download VMware Server

VMware Server for Linux [Binary (.rpm)]
Management Interface [Binary (.tar.gz)]
VMware Server Linux client package [Binary (.zip)]

を、ダウンロード



X Window System をインストールしてない場合は
"wget" で取得



ダウンロードするファイルは何処かにまとめた方が良いのかな?
って事で
ダウンロードするディレクトリを作成

# mkdir /tmp/vmware



移動

# cd /tmp/vmware





ファイルのダウンロード

VMware Server for Linux [Binary (.rpm)]

# wget http://download3.vmware.com/software/vmserver/VMware-server-1.0.5-80187.i386.rpm



Management Interface [Binary (.tar.gz)]

# wget http://download3.vmware.com/software/vmserver/VMware-mui-1.0.5-80187.tar.gz



VMware Server Linux client package [Binary (.zip)]

# wget http://download3.vmware.com/software/vmserver/VMware-server-linux-client-1.0.5-80187.zip





コンソールだけだと
最後の「VMware Server Linux client package [Binary (.zip)]」
がいらないですね(^^;





では、インストールです

Vmware Server のインストールには
必ず必要なパッケージがあります

gcc
kernel-devel (kernel-header)
xinetd

この3つが必要です

インストールされていない場合インストールしてください





だいたいインストールされていると思いますが
一応調べます


# rpm -q gcc
gcc-4.1.2-14.el5



# rpm -q kernel-devel
kernel-devel-2.6.18-53.el5
kernel-devel-2.6.18-53.1.14.el5



# rpm -q xinetd
パッケージ xinetd はインストールされていません。



xinetd がインストールされていないですね





では、インストール


# yum -y install xinetd
Loading "installonlyn" plugin
Setting up Install Process
Setting up repositories
Reading repository metadata in from local files
Parsing package install arguments
Resolving Dependencies
--> Populating transaction set with selected packages. Please wait.
---> Downloading header for xinetd to pack into transaction set.
xinetd-2.3.14-10.el5.i386 100% |=========================| 7.5 kB 00:00
---> Package xinetd.i386 2:2.3.14-10.el5 set to be updated
--> Running transaction check

Dependencies Resolved

=============================================================================
Package Arch Version Repository Size
=============================================================================
Installing:
xinetd i386 2:2.3.14-10.el5 base 124 k

Transaction Summary
=============================================================================
Install 1 Package(s)
Update 0 Package(s)
Remove 0 Package(s)

Total download size: 124 k
Downloading Packages:
(1/1): xinetd-2.3.14-10.e 100% |=========================| 124 kB 00:02
Running Transaction Test
Finished Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Installing: xinetd ######################### [1/1]

Installed: xinetd.i386 2:2.3.14-10.el5
Complete!



これでOK


これで準備が整いました





これからVMware Server のインストールです


まずは、VMware Server 本体をインストール


ダウンロードしたファイルがあるディレクトリに移動

# cd /tmp/vmware



VMware Server 本体をインストール

# rpm -Uvh VMware-server-1.0.5-80187.i386.rpm
準備中... ########################################### [100%]
1:VMware-server ########################################### [100%]



VMware Server の設定(カーネルにあわせて調節します)

# vmware-config.pl



# vmware-config.pl
Making sure services for VMware Server are stopped.

Stopping VMware services:
Virtual machine monitor [ OK ]

You must read and accept the End User License Agreement to continue.
Press enter to display it.



ここで、止まるので [Enter]



すると、利用許諾契約が表示されるので
ひたすら [Enter] か [Space] を押して
画面下の表示が 100% になるまで押す

VMWARE MASTER END USER LICENSE AGREEMENT

NOTICE: BY DOWNLOADING AND INSTALLING,
COPYING OR OTHERWISE USING THE SOFTWARE, YOU
AGREE TO BE BOUND BY THE TERMS OF THIS EULA.
IF YOU DO NOT AGREE TO THE TERMS OF THIS EULA,
YOU MAY NOT DOWNLOAD, INSTALL, COPY OR USE THE
SOFTWARE, AND YOU MAY RETURN THE UNUSED
SOFTWARE TO THE VENDOR FROM WHICH YOU ACQUIRED
IT WITHIN THIRTY (30) DAYS AND REQUEST A
REFUND OF THE LICENSE FEE, IF ANY, ALREADY
PAID UPON SHOWING PROOF OF PAYMENT.

1. DEFINITIONS

1.1 "Designated Administrative Access" means
that access to the standard user
interfaces of a given instance of the
Software (designated in this section) that
you may grant to a designated third party
for which you have provided advance
written notice to VMware that you are
providing outsourced services and for
whose dedicated benefit you have licensed
such instance of the Software. Designated
Administrative Access is applicable only
to the following Software: ESX Server,
VMware Server and VirtualCenter.

1.2 "GPL Software" means GPL software licensed
to you under the GNU General Public
License as published by the Free Software
Foundation (GPL). A copy of the GPL is
included on the media on which you
received the Software or included in the
--続ける--(6%)




100% まで進むと

Do you accept? (yes/no)


こんな表示がでるので

[yes] を入力して [Enter]

Do you accept? (yes/no) yes





いろいろ質問されますが
ほとんどデフォルトのまま
[Enter] で問題ないと思います


Thank you.

Configuring fallback GTK+ 2.4 libraries.

アイコンは何処に置く?
In which directory do you want to install the mime type icons?
[/usr/share/icons] [Enter]

メニューアイコンは何処に置く?
What directory contains your desktop menu entry files? These files have a
.desktop file extension. [/usr/share/applications] [Enter]

何処のディレクトリにアプリケーションアイコンをインストールしますか?
In which directory do you want to install the application's icon?
[/usr/share/pixmaps] [Enter]

Trying to find a suitable vmmon module for your running kernel.

現在動作している vmmon モジュールは、現在動作しているカーネルにとって適当ではありません。
現在のカーネルに合うように vmmon モジュールを構築しますか?
(C コンパイラが必要です)

None of the pre-built vmmon modules for VMware Server is suitable for your
running kernel. Do you want this program to try to build the vmmon module for
your system (you need to have a C compiler installed on your system)? [yes] [Enter]

Using compiler "/usr/bin/gcc". Use environment variable CC to override.

現在のカーネルのヘッダーファイルは何処ですか?
(現在動作しているカーネルと同じバージョンの Kernel-devel がインストールされている場合
そのバージョンのディレクトリが自動的に選択される)

What is the location of the directory of C header files that match your running
kernel? [/lib/modules/2.6.18-53.1.14.el5/build/include] [Enter]

Extracting the sources of the vmmon module.

Building the vmmon module.

Using 2.6.x kernel build system.
make: ディレクトリ `/tmp/vmware-config0/vmmon-only' に入ります
make -C /lib/modules/2.6.18-53.1.14.el5/build/include/.. SUBDIRS=$PWD SRCROOT=$PWD/. modules
make[1]: ディレクトリ `/usr/src/kernels/2.6.18-53.1.14.el5-i686' に入ります
CC [M] /tmp/vmware-config0/vmmon-only/linux/driver.o
CC [M] /tmp/vmware-config0/vmmon-only/linux/hostif.o
CC [M] /tmp/vmware-config0/vmmon-only/common/cpuid.o
CC [M] /tmp/vmware-config0/vmmon-only/common/hash.o
CC [M] /tmp/vmware-config0/vmmon-only/common/memtrack.o
CC [M] /tmp/vmware-config0/vmmon-only/common/phystrack.o
CC [M] /tmp/vmware-config0/vmmon-only/common/task.o
CC [M] /tmp/vmware-config0/vmmon-only/common/vmx86.o
CC [M] /tmp/vmware-config0/vmmon-only/vmcore/moduleloop.o
LD [M] /tmp/vmware-config0/vmmon-only/vmmon.o
Building modules, stage 2.
MODPOST
CC /tmp/vmware-config0/vmmon-only/vmmon.mod.o
LD [M] /tmp/vmware-config0/vmmon-only/vmmon.ko
make[1]: ディレクトリ `/usr/src/kernels/2.6.18-53.1.14.el5-i686' から出ます
cp -f vmmon.ko ./../vmmon.o
make: ディレクトリ `/tmp/vmware-config0/vmmon-only' から出ます
The module loads perfectly in the running kernel.

仮想OS用のネットワークが必要ですか?
Do you want networking for your virtual machines? (yes/no/help) [yes] [Enter]

Configuring a bridged network for vmnet0.

The following bridged networks have been defined:

. vmnet0 is bridged to eth0

All your ethernet interfaces are already bridged.

仮想ネットワーク NAT が必要ですか?
Do you want to be able to use NAT networking in your virtual machines? (yes/no)
[yes] [Enter]


ここで、ネットワークのお話


+----+ ブリッジ接続 +----+
| 仮 | (Bridged) | イ |
| 想 |<------------------>| ン |
| OS | +----+ | タ |
| |<----->| ベ |<----->| | |
| | NAT | | | NAT | ネ |
| | | ス | | ッ |
| |<----->| OS | | ト |
| | Host | | | |
+----+ Only +----+ +----+


----> 通信の流れ
<---- 通信の流れ

この図を見れば分かると思いますが
こんな感じで、仮想OSはネットワークにつながります
これで、どのネットワークが必要か必要でないか判断してください



Configuring a NAT network for vmnet8.

仮想ネットワーク NAT の設定プログラムを実行しますか?(あってる?)
Do you want this program to probe for an unused private subnet? (yes/no/help)
[yes] [Enter]

Probing for an unused private subnet (this can take some time)...

仮想ネットワーク NAT の設定
The subnet 192.168.201.0/255.255.255.0 appears to be unused.

The following NAT networks have been defined:

. vmnet8 is a NAT network on private subnet 192.168.201.0.

仮想ネットワーク NAT の設定の変更をしますか
Do you wish to configure another NAT network? (yes/no) [no] [Enter]

仮想ネットワーク Host-Only が必要ですか?
Do you want to be able to use host-only networking in your virtual machines?
[yes] [Enter]

Configuring a host-only network for vmnet1.

仮想ネットワーク Host-Only の設定プログラムを実行しますか?(翻訳自信ない。。。)
Do you want this program to probe for an unused private subnet? (yes/no/help)
[yes] [Enter]

Probing for an unused private subnet (this can take some time)...

仮想ネットワーク Host-Only の設定
The subnet 192.168.146.0/255.255.255.0 appears to be unused.

The following host-only networks have been defined:

. vmnet1 is a host-only network on private subnet 192.168.146.0.

仮想ネットワーク Host-Only の設定の変更をしますか
Do you wish to configure another host-only network? (yes/no) [no] [Enter]

Extracting the sources of the vmnet module.

Building the vmnet module.

Using 2.6.x kernel build system.
make: ディレクトリ `/tmp/vmware-config0/vmnet-only' に入ります
make -C /lib/modules/2.6.18-53.1.14.el5/build/include/.. SUBDIRS=$PWD SRCROOT=$PWD/. modules
make[1]: ディレクトリ `/usr/src/kernels/2.6.18-53.1.14.el5-i686' に入ります
CC [M] /tmp/vmware-config0/vmnet-only/driver.o
CC [M] /tmp/vmware-config0/vmnet-only/hub.o
CC [M] /tmp/vmware-config0/vmnet-only/userif.o
CC [M] /tmp/vmware-config0/vmnet-only/netif.o
CC [M] /tmp/vmware-config0/vmnet-only/bridge.o
CC [M] /tmp/vmware-config0/vmnet-only/procfs.o
CC [M] /tmp/vmware-config0/vmnet-only/smac_compat.o
SHIPPED /tmp/vmware-config0/vmnet-only/smac_linux.x386.o
LD [M] /tmp/vmware-config0/vmnet-only/vmnet.o
Building modules, stage 2.
MODPOST
WARNING: could not find /tmp/vmware-config0/vmnet-only/.smac_linux.x386.o.cmd for /tmp/vmware-config0/vmnet-only/smac_linux.x386.o
CC /tmp/vmware-config0/vmnet-only/vmnet.mod.o
LD [M] /tmp/vmware-config0/vmnet-only/vmnet.ko
make[1]: ディレクトリ `/usr/src/kernels/2.6.18-53.1.14.el5-i686' から出ます
cp -f vmnet.ko ./../vmnet.o
make: ディレクトリ `/tmp/vmware-config0/vmnet-only' から出ます
The module loads perfectly in the running kernel.

遠隔コンソールの為のポート 902 が空いていません。
遠隔コンソールの為のポートを指定してください。
※ VMware Server Client を使ってサーバPC以外から仮想OSを操作するためのポートを指定します

The default port : 902 is not free. We have selected a suitable alternative
port for VMware Server use. You may override this value now.
Remember to use this port when connecting to this server.
Please specify a port for remote console connections to use [904] [Enter]

WARNING: VMware Server has been configured to run on a port different from the
default port. Remember to use this port when connecting to this server.
xinetd を停止中: [失敗]
xinetd を起動中: [ OK ]
Configuring the VMware VmPerl Scripting API.

Building the VMware VmPerl Scripting API.

Using compiler "/usr/bin/gcc". Use environment variable CC to override.

Installing the VMware VmPerl Scripting API.

The installation of the VMware VmPerl Scripting API succeeded.

Generating SSL Server Certificate

仮想OSの保存先ディレクトリを指定してください
保存先は後からいくらでも変更できるので適当に。。。

In which directory do you want to keep your virtual machine files?
[/var/lib/vmware/Virtual Machines] [Enter]

仮想OSの保存先ディレクトリが存在しません。作成しますか?
The path "/var/lib/vmware/Virtual Machines" does not exist currently. This
program is going to create it, including needed parent directories. Is this
what you want? [yes] [Enter]

Please enter your 20-character serial number.

シリアルナンバーを入力して [Enter]
Type XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX or 'Enter' to cancel: xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx [Enter]

Starting VMware services:
Virtual machine monitor [ OK ]
Virtual ethernet [ OK ]
Bridged networking on /dev/vmnet0 [ OK ]
Host-only networking on /dev/vmnet1 (background) [ OK ]
Host-only networking on /dev/vmnet8 (background) [ OK ]
NAT service on /dev/vmnet8 [ OK ]

The configuration of VMware Server 1.0.5 build-80187 for Linux for this running
kernel completed successfully.





これで VMware Server 本体のインストールは完了





次にインストールするのは
[Management Interface]



まずは、ファイルを展開
ダウンロードしたファイルに

VMware-mui-X.X.X-XXXXX.tar.gz
※ X はバージョン

があるので、それを展開

# tar xvf VMware-mui-1.0.5-80187.tar.gz





展開が終了すると

vmware-mui-distrib

というディレクトリが出来るので
そこに移動

# cd vmware-mui-distrib





移動したディレクトリ内の

vmware-install.pl

を実行

# ./vmware-install.pl



Creating a new installer database using the tar3 format.

You must read and accept the End User License Agreement to continue.
Press enter to display it.



ここで、止まるので [Enter]


すると、また利用許諾契約が表示されるので
ひたすら [Enter] か [Space] を押して
画面下の表示が 100% になるまで押す

VMWARE MASTER END USER LICENSE AGREEMENT

NOTICE: BY DOWNLOADING AND INSTALLING,
COPYING OR OTHERWISE USING THE SOFTWARE, YOU
AGREE TO BE BOUND BY THE TERMS OF THIS EULA.
IF YOU DO NOT AGREE TO THE TERMS OF THIS EULA,
YOU MAY NOT DOWNLOAD, INSTALL, COPY OR USE THE
SOFTWARE, AND YOU MAY RETURN THE UNUSED
SOFTWARE TO THE VENDOR FROM WHICH YOU ACQUIRED
IT WITHIN THIRTY (30) DAYS AND REQUEST A
REFUND OF THE LICENSE FEE, IF ANY, ALREADY
PAID UPON SHOWING PROOF OF PAYMENT.

1. DEFINITIONS

1.1 "Designated Administrative Access" means
that access to the standard user
interfaces of a given instance of the
Software (designated in this section) that
you may grant to a designated third party
for which you have provided advance
written notice to VMware that you are
providing outsourced services and for
whose dedicated benefit you have licensed
such instance of the Software. Designated
Administrative Access is applicable only
to the following Software: ESX Server,
VMware Server and VirtualCenter.

1.2 "GPL Software" means GPL software licensed
to you under the GNU General Public
License as published by the Free Software
Foundation (GPL). A copy of the GPL is
included on the media on which you
received the Software or included in the
--続ける--(6%)




100% まで進むと

Do you accept? (yes/no)


こんな表示がでるので

[yes] を入力して [Enter]

Do you accept? (yes/no) yes





いろいろ質問されますが
ほとんどデフォルトのまま
[Enter] で問題ないと思います


Thank you.

Installing the content of the package.

バイナリファイルを何処に置く?
In which directory do you want to install the binary files?
[/usr/bin] [Enter]

init ディレクトリがなんたら。。。
What is the directory that contains the init directories (rc0.d/ to rc6.d/)?
[/etc/rc.d] [Enter]

init スクリプトが置かれているディレクトリ???
What is the directory that contains the init scripts?
[/etc/rc.d/init.d] [Enter]

vmware-mui のファイルを置くディレクトリは?
In which directory do you want to install the VMware Management Interface
files? [/usr/lib/vmware-mui] [Enter]

さっき指定したディレクトリが無いけど作る?
The path "/usr/lib/vmware-mui" does not exist currently. This program is going
to create it, including needed parent directories. Is this what you want?
[yes] [Enter]

ドキュメントファイルを何処に置く?
In which directory would you like to install the documentation files?
[/usr/lib/vmware-mui/doc] [Enter]

さっき指定したディレクトリが無いけど作る?
The path "/usr/lib/vmware-mui/doc" does not exist currently. This program is
going to create it, including needed parent directories. Is this what you want?
[yes] [Enter]

[Management Interface]のインストールが完了しました。
"/usr/bin/vmware-uninstall-mui.pl" を使ってアンインストールできます。

The installation of VMware Management Interface 1.0.5 build-80187 for Linux
completed successfully. You can decide to remove this software from your system
at any time by invoking the following command:
"/usr/bin/vmware-uninstall-mui.pl".

"/usr/bin/vmware-config-mui.pl" を使って設定できます。
今すぐ実行しますか?

Before running VMware Management Interface for the first time, you need to
configure it by invoking the following command:
"/usr/bin/vmware-config-mui.pl". Do you want this program to invoke the command
for you now? [yes] [Enter]


Configuring httpd.conf to run Apache as:
User: nobody and Group: nobody

VMware で使用するhttpのタイムアウトを設定(分)
Set the number of minutes before a http session times out. (This is the length
of time before someone connecting to VMware Management Interface will be logged
out) [60] [Enter]

Generating SSL Server Certificate

Starting httpd.vmware: [ OK ]
The configuration of VMware Management Interface completed successfully.





これで VMware Server Management Interfaceのインストールは完了





次にインストールするのは
[VMware Server Linux client package]

※X Window System をインストールしていない方は
 必要ありません
 っていうか、使えません
 グラフィカルに仮想OSの管理をするものなので。。。



ダウンロードしたファイルがあるディレクトリまで戻ります

# cd ../




ファイルを展開
ダウンロードしたファイルに

VMware-server-linux-client-X.X.X-XXXXX.zip
※ X はバージョン

があるので、それを展開

# unzip VMware-server-linux-client-1.0.5-80187.zip
Archive: VMware-server-linux-client-1.0.5-80187.zip
inflating: VMware-server-console-1.0.5-80187.i386.rpm
inflating: VMware-server-console-1.0.5-80187.tar.gz
inflating: VMware-vix-1.0.5-80187.tar.gz
inflating: VMware-VmPerlAPI-1.0.5-80187.tar.gz





展開が終了すると

VMware-server-console-X.X.X-XXXXX.i386.rpm
※ X はバージョン

というファイルが出来るのでインストール

# rpm -Uvh VMware-server-console-1.0.5-80187.i386.rpm
準備中... ########################################### [100%]
1:VMware-server-console ########################################### [100%]





次にファイルを展開

展開するファイルは

VMware-server-console-X.X.X-XXXXX.tar.gz
※ X はバージョン


# tar xvf VMware-server-console-1.0.5-80187.tar.gz





展開が終了すると

vmware-server-console-distrib

というディレクトリが出来るので
そこに移動

# cd vmware-server-console-distrib





インストールするためのスクリプトを実行

# ./vmware-install.pl





いろいろ質問されますが
ほとんどデフォルトのまま
[Enter] で問題ないと思います


A previous installation of VMware software has been detected.

The previous installation was made by the rpm installer (version 3).

Converting the rpm3 installer database format
to the tar3 installer database format.

Installing the content of the package.

バイナリファイルを何処に置く?
In which directory do you want to install the binary files?
[/usr/bin] [Enter]

VMware Server Console のファイルを置くディレクトリは?
In which directory do you want to install the library files?
[/usr/lib/vmware-server-console] [Enter]

指定されたディレクトリが無いけど、作ります?
The path "/usr/lib/vmware-server-console" does not exist currently. This
program is going to create it, including needed parent directories. Is this
what you want? [yes] [Enter]

インストールマニュアルを置くディレクトリは?(翻訳不安。。。)
In which directory do you want to install the manual files?
[/usr/share/man] [Enter]

インストールドキュメントを置くディレクトリは?(こちらも翻訳不安。。。)
In which directory do you want to install the documentation files?
[/usr/share/doc/vmware-server-console] [Enter]

だから、ディレクトリが無いんだってばっ。作る?
The path "/usr/share/doc/vmware-server-console" does not exist currently. This
program is going to create it, including needed parent directories. Is this
what you want? [yes] [Enter]

VMware Server Console を実行する前に
"/usr/bin/vmware-config-server-console.pl" を実行してください。
今すぐ実行しますか?

Before running VMware Server Console for the first time, you need to configure
it by invoking the following command:
"/usr/bin/vmware-config-server-console.pl". Do you want this program to invoke
the command for you now? [yes] [Enter]

利用許諾契約が表示される前兆です。
You must read and accept the End User License Agreement to continue.
Press enter to display it. [Enter]





利用許諾契約が表示されるので
最後まで目を通して。。。

無理だぁ。。。
読めねぇ。。。

100% になるまで
[Enter] か [Space] を押してください


3度目です

Do you accept? (yes/no)




[yes] を入力して [Enter]

Do you accept? (yes/no) yes

Thank you.

Configuring fallback GTK+ 2.4 libraries.

The configuration of VMware Server Console completed successfully.







これでようやく全てインストール完了


お疲れ様でした。。。(ノ_-;)ハア…





カーネルのバージョンが変われば
現在動作しているバージョンの kernel-devel をインストールして

VMware Server 本体の設定

# vmware-config.pl


を実行してくれ〜、との事。。。


たしか、運用ガイド(PDF)に書いてあったような。。。





で、
仮想OSのインストールですが。。。


VMware Server Documentation

VMware Server 運用ガイド
VMware Server Administration Guide (日本語PDF)

VMware Server 仮想マシンガイド
VMware Server Virtual Machine Guide (日本語PDF)



この PDF を読めば、だいたい分かると思うので
説明はしません
(今日は説明する気力が。。。)


またその内説明します





サイト量産の為のサーバ構築で、
あと、記事にしていないのが

「Samba でファイル共有」
「仮想OSインストール」
「独自ドメイン取得」

ぐらいなので

その内、記事にします



あっ
バックアップ関連もまだか。。。


まぁ
バックアップなんて、
Acronis でパーティション丸ごと
イメージとっておけばOKだしなぁ。。。

説明する為の記事もないかぁ。。。



まぁ
こんな所で、今日はおしまい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール

最新版のダウンロードはこちら↓
EXCEL版
BlogHPEditTool.exe

※実行ファイル版を作成中の為、
 今後、修正やバージョンアップはありません。m(__)m

EXCEL版の最新版の説明はこちら

最新情報 (RSS)

ご意見・ご感想などはこちらにコメントくださいm(__)m

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール