スポンサードリンク

スポンサードリンク

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール

最新版のダウンロードはこちら↓
EXCEL版
BlogHPEditTool.exe

※実行ファイル版を作成中の為、
 今後、修正やバージョンアップはありません。m(__)m

EXCEL版の最新版の説明はこちら

最新情報 (RSS)

ご意見・ご感想などはこちらにコメントくださいm(__)m

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール

CentOS 5.1 ちょっとした設定

さて前回は、不要なサービスを止めました

今回はちょっとした設定


前回「CentOS 5.1 インストール後の設定(不要なサービスを止める)


■コンソール数の変更


/etc/inittab の編集

# vi /etc/inittab




#
# inittab This file describes how the INIT process should set up
# the system in a certain run-level.
#
# Author: Miquel van Smoorenburg,
# Modified for RHS Linux by Marc Ewing and Donnie Barnes
#

# Default runlevel. The runlevels used by RHS are:
# 0 - halt (Do NOT set initdefault to this)
# 1 - Single user mode
# 2 - Multiuser, without NFS (The same as 3, if you do not have networking)
# 3 - Full multiuser mode
# 4 - unused
# 5 - X11
# 6 - reboot (Do NOT set initdefault to this)
#

id:5:initdefault:
↓変更(ランレベル変更)
id:3:initdefault:

# System initialization.
si::sysinit:/etc/rc.d/rc.sysinit

l0:0:wait:/etc/rc.d/rc 0
l1:1:wait:/etc/rc.d/rc 1
l2:2:wait:/etc/rc.d/rc 2
l3:3:wait:/etc/rc.d/rc 3
l4:4:wait:/etc/rc.d/rc 4
l5:5:wait:/etc/rc.d/rc 5
l6:6:wait:/etc/rc.d/rc 6

# Trap CTRL-ALT-DELETE
ca::ctrlaltdel:/sbin/shutdown -t3 -r now

# When our UPS tells us power has failed, assume we have a few minutes
# of power left. Schedule a shutdown for 2 minutes from now.
# This does, of course, assume you have powerd installed and your
# UPS connected and working correctly.

pf::powerfail:/sbin/shutdown -f -h +2 "Power Failure; System Shutting Down"

# If power was restored before the shutdown kicked in, cancel it.
pr:12345:powerokwait:/sbin/shutdown -c "Power Restored; Shutdown Cancelled"


# Run gettys in standard runlevels
1:2345:respawn:/sbin/mingetty tty1
#2:2345:respawn:/sbin/mingetty tty2
#3:2345:respawn:/sbin/mingetty tty3
#4:2345:respawn:/sbin/mingetty tty4
#5:2345:respawn:/sbin/mingetty tty5
#6:2345:respawn:/sbin/mingetty tty6

コンソールは1つでよい

# Run xdm in runlevel 5
x:5:respawn:/etc/X11/prefdm -nodaemon







■インストール後のパーティションラベル

インストールに失敗?した時

パーティションラベルが

/1

とか

/boot1

とかになってる場合がある

その時の対処法



/etc/fstab の編集
※PC起動時に何をどこにマウントするかなどの設定ファイルです

# vi /etc/fstab





LABEL=/1 / ext3 defaults 1 1
LABEL=/boot1 /boot ext3 defaults 1 2
tmpfs /dev/shm tmpfs defaults 0 0
devpts /dev/pts devpts gid=5,mode=620 0 0
sysfs /sys sysfs defaults 0 0
proc /proc proc defaults 0 0
LABEL=SWAP-sda3 swap swap defaults 0 0



こんな感じになってると思う

これを

LABEL=/ / ext3 defaults 1 1
LABEL=/boot /boot ext3 defaults 1 2
tmpfs /dev/shm tmpfs defaults 0 0
devpts /dev/pts devpts gid=5,mode=620 0 0
sysfs /sys sysfs defaults 0 0
proc /proc proc defaults 0 0
LABEL=SWAP-sda3 swap swap defaults 0 0



こんな感じに

「1」を削除


で、


パーティションとラベルの関係を表示


# df


df はパーティションの使用状況を表示してくれるコマンドです



# df
Filesystem 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
/dev/sda2 7010520 2499664 4148992 38% /
/dev/sda1 101086 16293 79574 17% /boot
tmpfs 257760 0 257760 0% /dev/shm



これを見ると

/dev/sda2 が /
/dev/sda1 が /boot

となっています



先ほどマウントするラベル設定を変更したので
実際にパーティションのラベルを変更します


# e2label /dev/sda2 /


e2label ← ラベル変更コマンド
/dev/sda2 ← 変更するパーティション
/ ← 変更後のラベル

こんな感じに変更してください

今回は2つのパーティションを変更するので


# e2label /dev/sda2 /
# e2label /dev/sda1 /boot



としてください





で、

今度はブートローダーの設定を変更します

ブートローダーは
設定されたラベルから読込んで
OSを起動します

なので、ラベルを変更しないと起動できません



ブートローダーの設定ファイルを編集

# vi /boot/grub/grub.conf



# grub.conf generated by anaconda
#
# Note that you do not have to rerun grub after making changes to this file
# NOTICE: You have a /boot partition. This means that
# all kernel and initrd paths are relative to /boot/, eg.
# root (hd0,0)
# kernel /vmlinuz-version ro root=/dev/sda2
# initrd /initrd-version.img
#boot=/dev/sda

default=0
timeout=5
※ちなみにここは読込むまでの時間(秒)

splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
hiddenmenu
title CentOS (2.6.18-53.1.14.el5)
root (hd0,0)
kernel /vmlinuz-2.6.18-53.1.14.el5 ro root=LABEL=/1 rhgb quiet
↓変更(ラベル「/」を読込むようにする)
kernel /vmlinuz-2.6.18-53.1.14.el5 ro root=LABEL=/ rhgb quiet
initrd /initrd-2.6.18-53.1.14.el5.img
title CentOS (2.6.18-53.el5)
root (hd0,0)
kernel /vmlinuz-2.6.18-53.el5 ro root=LABEL=/1 rhgb quiet
↓変更(ラベル「/」を読込むようにする)
kernel /vmlinuz-2.6.18-53.el5 ro root=LABEL=/ rhgb quiet
initrd /initrd-2.6.18-53.el5.img




これで終了

再起動すれば
ちゃんと起動します

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール

最新版のダウンロードはこちら↓
EXCEL版
BlogHPEditTool.exe

※実行ファイル版を作成中の為、
 今後、修正やバージョンアップはありません。m(__)m

EXCEL版の最新版の説明はこちら

最新情報 (RSS)

ご意見・ご感想などはこちらにコメントくださいm(__)m

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール