スポンサードリンク

スポンサードリンク

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール

最新版のダウンロードはこちら↓
EXCEL版
BlogHPEditTool.exe

※実行ファイル版を作成中の為、
 今後、修正やバージョンアップはありません。m(__)m

EXCEL版の最新版の説明はこちら

最新情報 (RSS)

ご意見・ご感想などはこちらにコメントくださいm(__)m

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール

CentOS 5.1 インストール後の設定(不要なサービスを止める)

さて前回は、ユーザーの追加をしました

今回は不要なサービスを止めます


前回「CentOS 5.1 インストール後の設定(ユーザー追加)


では、
OS起動時に起動するサービスを見てみましょう


起動するサービスの一覧

# chkconfig --list | sort


chkconfig ← コマンド
--list ← オプション
| sort ← 並び替え



# chkconfig --list | sort
NetworkManager 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
NetworkManagerDispatcher 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
acpid 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
anacron 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
apmd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
atd 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
auditd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
autofs 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
avahi-daemon 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
avahi-dnsconfd 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
bluetooth 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
conman 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
cpuspeed 0:off 1:on 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
crond 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
cups 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
dhcdbd 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
dund 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
firstboot 0:off 1:off 2:off 3:on 4:off 5:on 6:off
gpm 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
haldaemon 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
hidd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
httpd 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
ibmasm 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
ip6tables 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
iptables 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
irda 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
irqbalance 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
kdump 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
kudzu 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
lvm2-monitor 0:off 1:on 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
mcstrans 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
mdmonitor 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
mdmpd 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
messagebus 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
microcode_ctl 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
multipathd 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
netconsole 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
netfs 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
netplugd 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
network 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
nfs 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
nfslock 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
nscd 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
ntpd 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
oddjobd 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
pand 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
pcscd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
portmap 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
psacct 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
rdisc 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
readahead_early 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
readahead_later 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:on 6:off
restorecond 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
rpcgssd 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
rpcidmapd 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
rpcsvcgssd 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
saslauthd 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
sendmail 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
setroubleshoot 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
smartd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
sshd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
syslog 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
vncserver 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
winbind 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
wpa_supplicant 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
xfs 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
ypbind 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
yum-updatesd 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off


Linuxにはランレベルってものがありまして
それによってサービスが起動したりしなかったりします

今表示されたのは
ランレベルによって起動する、しないのサービスによっての対応です

例えば一番上のacpid
これは、ランレベル 0、1、2、6 の時は起動しない
逆に 3、4、5 の時は起動します

このような動作になります


では、どのような時にどのランレベルで動くのか?


runlebel
0 シャットダウン
1 シングルユーザモード(管理者以外のログイン不可)
2 マルチユーザモード(NFSなし)
3 フルマルチユーザモード
4 未使用(独自のランレベル設定可)
5 X Window System 使用
6 再起動

このようになってます


このブログでの方法でインストールした場合
ランレベル 3 で起動します

インストールの最後の方に
起動方法としてグラフィカル、テキストの選択があったのですが
グラフィカルを選択すると、ランレベル 5
テキストを選択すると、ランレベル 3

ということになります



PC起動時のランレベルの変更は

/etc/inittab

このファイルに設定があります


現在

id:5:initdefault:


となっていますが
これを


id:3:initdefault:


にすることによって
ランレベルを変更できます



ランレベルの説明はこれぐらいにして
ランレベルのリストにあったサービスが何なのか?って事の説明です


NetworkManager
 有線/無線(コネクション)に必要に応じて自動接続してくれるサービス
NetworkManagerDispatcher
 上記の設定を自動保存するサービス
 NetworkManagerと一緒に動かす必要がある
acpid
 電源管理サービス
anacron
 anacron:タスクスケジューラー
 指定した時刻にサーバーが起動していなくても後に自動判断でタスクを行う
apmd
 省電力設定を自動的に行う
 APM制御(Advanced Power Management)
atd
 at:コマンドの遅延実行を有効にするサービス
auditd
 SELinuxの詳細なログを収集するサービス
autofs
 ファイルシステムの自動マウント
 NFS,CD-ROM,フロッピー等を自動的にマウント
avahi-daemon
 Avahi
 Avahi(簡単にネットワークみたいなやつ)関連
avahi-dnsconfd
 Avahi
bluetooth
 Bluetoothワイヤレス通信サービス
conman
 リモートコンソール(conman)からの受付を行うデーモン
 conmandを起動する。
cpuspeed
 システムの稼動状況に応じてCPUの動作周波数を上下させる
crond
 cron:タスクスケジューラー
 指定した時刻にサーバーが起動していなければタスクはスキップされる
cups
 印刷サービス
dhcdbd
 DHcp Client D-Bus Daemon
 dhclientやISCからのDHCPクライアントに D-Busのインタフェースを提供する。
dund
 BlueZ Bluetooth dial-up networking daemon
firstboot
 インストール後、初回起動時にセットアップエージェント
gpm
 コンソール用のマウスサーバー
haldaemon
 ハードウェア情報を収集するサービス
hidd
 Bluetooth HID daemon
httpd
 Webサーバ
ibmasm
 IBM システム管理デバイス・ドライバ
ip6tables
 IPv6ファイヤーウォール
iptables
 IPv4ファイヤーウォール
irda
 赤外線通信規格「irDA」を使った通信を実現するサービス
 赤外線通信を行わない場合は不要。
irqbalance
 マルチCPU環境で効率的な処理分散
kdump
 Kdumpはあらかじめ確保したメイン・メモリー領域に
 クラッシュ情報をカーネルが書き込み,保存する機能
kudzu
 PC起動時のハードウェアの自動認識
lvm2-monitor
 LVM関連
mcstrans
 SELinux Context Translation System Daemon
 MLS/MCSラベルを変換してくれる
 SELinuxを使わないなら不要
mdmonitor
 RAID:ソフトウェアRAID監視
mdmpd
 RAID:ソフトウェアRAID監視
messagebus
 D-BUS:システムイベントのブロードキャスト
microcode_ctl
 microcode_ctl Intel IA32 マイクロコードの
 更新をできるようにするためのドライバ
multipathd
 ハードディスクなどの状態を把握し、
 バックアップや再構築などに利用する
 "DeviceMapper" とよばれるカーネルの機能を管理するデーモン
netconsole
 UDP経由でカーネルprintkメッセージを記録
netfs
 NFS のクライアント
 システム起動時に fstabに記述されたNFSやSambaをマウントするためのサービス
 /etc/fstab にsmbfsやcifs,nfsなどのファイルシステムを
 マウントするように記述している場合に必要
netplugd
 ネットワークケーブルのホットプラグ管理デーモン
network
 ネットワークインターフェース
nfs
 NFS サーバ
 動かすには、portmapも必要。(rpc関連も必要?)
nfslock
 NFSのファイルロック機構を提供するサービス
 NFSを使わないなら off でいい。
nscd
 ネームキャッシュサービスデーモン
ntpd
 NTP
oddjobd
 権限のないアプリケーションが指定の
 特権動作の実行を要求できる機構を提供するデーモン
 D-Busを使う(messagebus を起動しておく必要がある)
pand
 BlueZ Bluetooth PAN daemon
 Bluetoothを使ってethernetに繋ぐときに必要
pcscd
 PC/SC smart card daemon
 スマートカードの類を使わないなら不要
portmap
 RPC関連のport mapper
 NFSやNISを使用する場合に必要
 NFSv4では不要。セキュリティ上、脆弱らしい。
psacct
 コマンド、負荷状況の統計情報出力サービス
rdisc
 ネットワークルータディスカバリー
readahead_early
 プログラムに必要になるファイルを事前に読み込んでおくサービス
 これは、起動時に実行される。
 主に共有ライブラリなど、
 システムの起動の時間稼ぎなので on でいいでしょう。
readahead_later
 プログラムに必要になるファイルを事前に読み込んでおくサービス
 これは、システム起動後に実行される
 例えば、firefoxなどユーザが使いそうなものを読む。
restorecond
 SELinux関連のデーモン
 inotify(ファイルの作成や更新を監視)を使って、
 ファイルのラベルを自動更新する。
 SELinuxを使わないなら不要。
rpcgssd
 RPCSEC GSS daemon for the NFSv4 client
 (セキュリティを強化したrpc。昔ならrpc.mountd?)
 NFSを使わないならoffでよさそう。
rpcidmapd
 RPC name to UID/GID mapper
 (セキュリティを強化したrpc)
 NFSを使わないならoffでよさそう。
rpcsvcgssd
 NFSなどで使う
saslauthd
 SASL認証:IMAP、POP3、SMTPなどの認証支援
sendmail
 メールサーバー&クライアント
setroubleshoot
 SELinux関連のサービス(2009/03/17 修正)
 aim さんに教えていただきましたm(__)m
smartd
 HDDの障害予測サービス
sshd
 SSH:リモート管理サービス
syslog
 システムのログを記録する
vncserver
 リモート接続で他のホストから
 X-Window での操作を可能にする vnc-server のデーモン
winbind
 samba でWindowsOSのファイル共有を行う際に、
 WBEL4のホスト機をNTドメイン(インターネットで使用される
 ドメイン名 とは全く異なる、WidnowsOS独自の
 ネットワークユーザー管理システムです。)に
 参加させるためのデーモン
wpa_supplicant
 WPAとWPA2(IEEE 802.11i/RSN)をサポート
xfs
 Xフォントサーバ
ypbind
 NISのクライアント。NIS を使って認証を行わないなら不要。
yum-updatesd
 yumの自動アップデート




今現在はランレベル 5 で起動していますが
サーバーとして稼働し始めると
必要の無いものまで動いてしまって
余分なリソースを使ってしまったり
セキュリティ的によくありません

サーバーとして稼働し始めたら
ランレベルを 3 に変更します

で、

ランレベル 3 で起動するサービスを表示させます


# chkconfig --list | sort | grep 3:on


grep ← 抽出って感じ?



# chkconfig --list | sort | grep 3:on
acpid 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
anacron 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
apmd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
atd 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
auditd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
autofs 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
avahi-daemon 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
bluetooth 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
cpuspeed 0:off 1:on 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
crond 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
cups 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
firstboot 0:off 1:off 2:off 3:on 4:off 5:on 6:off
gpm 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
haldaemon 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
hidd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
ip6tables 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
iptables 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
irqbalance 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
kudzu 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
lvm2-monitor 0:off 1:on 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
mcstrans 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
mdmonitor 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
messagebus 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
microcode_ctl 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
netfs 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
network 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
nfslock 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
pcscd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
portmap 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
readahead_early 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
restorecond 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
rpcgssd 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
rpcidmapd 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
sendmail 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
setroubleshoot 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
smartd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
sshd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
syslog 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
xfs 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
yum-updatesd 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off



この中の不要なサービスは


・電源管理系
acpid
 電源管理サービス
apmd
 省電力設定を自動的に行う
 APM制御(Advanced Power Management)


・タスク系
atd
 at:コマンドの遅延実行を有効にするサービス


・SELinux系
auditd
 SELinuxの詳細なログを収集するサービス
mcstrans
 SELinux Context Translation System Daemon
 MLS/MCSラベルを変換してくれる
 SELinuxを使わないなら不要
restorecond
 SELinux関連のデーモン
 inotify(ファイルの作成や更新を監視)を使って、
 ファイルのラベルを自動更新する。
 SELinuxを使わないなら不要。
setroubleshoot ← 追加 2009/03/17
 SELinux関連のサービス

・Bluetooth系
bluetooth
 Bluetoothワイヤレス通信サービス
hidd Bluetooth HID daemon


・NFS
netfs
 NFS のクライアント
 システム起動時に fstabに記述されたNFSやSambaをマウントするためのサービス
 /etc/fstab にsmbfsやcifs,nfsなどのファイルシステムを
 マウントするように記述している場合に必要
nfslock
 NFSのファイルロック機構を提供するサービス
 NFSを使わないなら off でいい。
portmap
 RPC関連のport mapper
 NFSやNISを使用する場合に必要
 NFSv4では不要。セキュリティ上、脆弱らしい。
rpcgssd
 RPCSEC GSS daemon for the NFSv4 client
 (セキュリティを強化したrpc。昔ならrpc.mountd?)
 NFSを使わないならoffでよさそう。
rpcidmapd
 RPC name to UID/GID mapper
 (セキュリティを強化したrpc)
 NFSを使わないならoffでよさそう。


・その他の通信関連
avahi-daemon
 Avahi
 Avahi(簡単にネットワークみたいなやつ)関連
ip6tables
 IPv6ファイヤーウォール


・その他
cpuspeed
 システムの稼動状況に応じてCPUの動作周波数を上下させる
cups
 印刷サービス
firstboot
 インストール後、初回起動時にセットアップエージェント
gpm
 コンソール用のマウスサーバー
irqbalance
 マルチCPU環境で効率的な処理分散
mdmonitor
 RAID:ソフトウェアRAID監視
pcscd
 PC/SC smart card daemon
 スマートカードの類を使わないなら不要






これぐらいでしょうか?


では、PC起動時に起動しないようにします


# chkconfig サービス off


これでOKです



# chkconfig acpid off
# chkconfig apmd off
# chkconfig atd off
# chkconfig auditd off
# chkconfig mcstrans off
# chkconfig restorecond off
# chkconfig bluetooth off
# chkconfig hidd off
# chkconfig netfs off
# chkconfig nfslock off
# chkconfig portmap off
# chkconfig rpcgssd off
# chkconfig rpcidmapd off
# chkconfig avahi-daemon off
# chkconfig ip6tables off
# chkconfig cpuspeed off
# chkconfig cups off
# chkconfig firstboot off
# chkconfig gpm off
# chkconfig irqbalance off
# chkconfig mdmonitor off
# chkconfig pcscd off
# chkconfig setroubleshoot off ← 追加 2009/03/17

これでPC起動時にサービスが起動しなくなりました


では、もう一度一覧を見てみましょう

# chkconfig --list |sort|grep 3:on
anacron 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
autofs 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
crond 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
haldaemon 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
iptables 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
kudzu 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
lvm2-monitor 0:off 1:on 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
messagebus 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
microcode_ctl 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
network 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
readahead_early 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
sendmail 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
setroubleshoot 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
↑SELinux関連のサービス(要らない 2009/03/17)
smartd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
sshd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
syslog 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
xfs 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
yum-updatesd 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off


こんな感じに変わりました


sshd は環境によって違うでしょう

サーバにキーボードを常時つなげてるのであれば
起動しなくてもOKでしょうし

LANケーブルしか繋がってないって人には要るでしょう


管理にしても webmin っていう
Webベースの管理ユーティリティを使うのであれば
sshd が無くてもOKかもしれません


私の環境ではPC交換機?っていう
キーボードやマウスなどが1組あれば
複数のPCを1つのキーボードで扱える代物があるので
必要ありません






で、
PC起動時に起動しないようにしたのはいいけど
今現在動いてるんです

それを止めるには



# /etc/rc.d/init.d/デーモン名 stop



これでも止まります

# service デーモン名 stop




さらに


# service デーモン名 start # 起動
# service デーモン名 restart # 再起動
# service デーモン名 stop # 停止
# service デーモン名 status # ステータス


です


いちいちデーモンを一つ一つ停止するのが面倒なので

# reboot


再起動(笑)



これで余分なデーモンが起動せずにサーバPCが起動します







さて、次回は何しよう。。。

この記事へのコメント
情報ありがとうございます、サーバ構築時のサービス起動について勉強になりました。
setroubleshootはSELinux関連のサービスのようなので、通常(SELinux使わない場合は)停止でいいようです。

しかし、デフォルトのサービスでpcmciaとかbluetoothとかはオフでいいように思えますね(^^;
Posted by aim at 2009年03月16日 13:33
管理人です
コメントアリガトですm(__)m

setroubleshoot って SELinux関連のサービスだったんですね(^^;
結局分からなかったので放置状態でした(汗

教えていただいて感謝ですm(__)m

まぁサーバ構築なのでさすがに PCMCIA や Bluetooth は要らないと(^^;
Posted by 管理人 at 2009年03月17日 18:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

鯖リンク
Excerpt: 総合情報サイト       単発情報(Blog記事..
Weblog: クレファ記す
Tracked: 2008-06-12 17:22

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール

最新版のダウンロードはこちら↓
EXCEL版
BlogHPEditTool.exe

※実行ファイル版を作成中の為、
 今後、修正やバージョンアップはありません。m(__)m

EXCEL版の最新版の説明はこちら

最新情報 (RSS)

ご意見・ご感想などはこちらにコメントくださいm(__)m

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。