スポンサードリンク

スポンサードリンク

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール

最新版のダウンロードはこちら↓
EXCEL版
BlogHPEditTool.exe

※実行ファイル版を作成中の為、
 今後、修正やバージョンアップはありません。m(__)m

EXCEL版の最新版の説明はこちら

最新情報 (RSS)

ご意見・ご感想などはこちらにコメントくださいm(__)m

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール

CentOS 5.1 のインストール

えー

サーバーの構築ですが

OSを VineLinux から CentOS に変えました


なぜ変えたのか?

なんとなくです。。。(^^;


まずCentOS 5.1を入手します

www.centos.org - The Community ENTerprise Operating System

CentOS 5.1 のDVDダウンロード


32bit の場合 i386
64bit の場合 x86_64


ミラーサーバを選択

「Actual Country」って所のリンクをクリックすると
メディア一覧が出てくるので選択してダウンロード



メディアは CD 6枚 か DVD 1枚

CDの場合
CentOS-5.1-i386-bin-1of6.iso 625M
CentOS-5.1-i386-bin-2of6.iso 632M
CentOS-5.1-i386-bin-3of6.iso 618M
CentOS-5.1-i386-bin-4of6.iso 635M
CentOS-5.1-i386-bin-5of6.iso 631M
CentOS-5.1-i386-bin-6of6.iso 528M

DVDの場合
CentOS-5.1-i386-bin-DVD.iso 3.6G



どちらにしてもダウンロードに時間がかかる。。。



でもってCD か DVDに焼く

これでインストールメディアが完成(笑)

CDイメージをCDに焼く方法は検索してください
Google検索「CDイメージ 焼く」



ここからインストールです

CDをサーバーにするPCにセットし電源オン


■起動画面
「Enter」を押してインストール開始
起動画面





■メディアチェックをしますか?
問題ないなら「Skip」を選択して[Enter]
メディアチェック





■ようこそ?
「Next」をクリック
ようこそ?





■言語を選択
「Japanese(日本語)」を選択して「Next」をクリック
言語選択





■キーボードの選択
「日本語」を選択して「次へ」をクリック
キーボードレイアウトの選択


ディスクの初期化の警告がでるかも?
初期化する場合「はい」をクリック
ディスクの初期化





■パーティションレイアウトの設定
インストールするディスクがあらかじめ選択され、
認識されたディスク全てを使ってパーティションを
設定するようになっています
問題なければ「次へ」をクリック

変更するのであれば
それぞれを選択、チェックし
「パーティションレイアウトの再確認と変更(V)」にチェックを入れて
「次へ」をクリック
パーティションレイアウトの設定


・パーティション削除の確認
選択されたディスクのパーティションを
全て削除するかどうかの確認が表示されます

「はい」をクリック
パーティション削除の確認





■パーティションの設定
前の画面の
「パーティションレイアウトの再確認と変更(V)」にチェックを入れると
パーティションの設定画面が表示されます

デフォルトではLVMを使ったパーティション設定になってます
問題なければ「はい」をクリック
パーティションの設定





■ブートローダの設定
他のOSが起動できるように設定できます。
問題ないのでこのままで「次へ」をクリック
ブートローダの設定





■ネットワークの設定
ルーターに接続されている場合
ルーターが自動的にIPアドレスを割り振ってくれますが(この機能がDHCP)
それだとサーバーを公開するのに不都合があるので
IPアドレスを固定します
つー事で「編集」
ネットワークの設定


「Enable IPv4 support」項目の
「Manual configuration」を選択

「IP Address」と「Prefix(Netmask)」を入力

「Enable IPv6 support」のチェックをはずす
ネットワークの設定


「ホスト名」「ゲートウェイ」「DNSサーバ」を
それぞれ入力
ネットワークの設定





■タイムゾーンの選択
デフォルトで「アジア/東京」が選択されていると思います
選択されていなければ「アジア/東京」を選択
「システムクロックで UTC を使用」のチェックをはずす
「次へ」をクリック
タイムゾーンの選択





■rootパスワードの設定
それぞれ入力して「次へ」をクリック
rootパスワードの設定


rootパスワードは6文字以上じゃないと怒られます(笑)
rootパスワードは6文字以上


当然ですが、上下のパスワードが違っていても怒られます(笑)
上下のパスワードが違う





■インストールの種類
インストールする種類を選択

デフォルトでは「Desktop - Gnome」が選択

「Desktop - Gnome」のチェックをはずし
「Server - GUI」をチェック
さらに一番下の
「今すぐカスタマイズする」をチェックし「次へ」をクリック

インストールの種類





■インストールパッケージの選択
インストールパッケージを選択します


「デスクトップ環境」
そのまま
デスクトップ環境


「アプリケーション」
全てのチェックをはずす
アプリケーション


「開発」
「開発ツール」のみ選択
それ以外はチェックをはずす
開発


「サーバー」
全てのチェックをはずす
サーバー


「ベースシステム」
「ダイアルアップネットワークサポート」のチェックをはずす
ベースシステム


「仮想化」
全てのチェックをはずす
仮想化


「クラスタリング」
全てのチェックをはずす
クラスタリング


「クラスタストレージ」
全てのチェックをはずす
クラスタストレージ


「言語」
「日本語のサポート」のみ選択
それ以外はチェックをはずす
言語





■インストールパッケージの依存関係のチェック
依存関係のチェック中...
インストールパッケージの依存関係のチェック





■インストールの開始
「次へ」をクリックしてインストール
インストールの開始

フォーマット中...
フォーマット中...

インストールプロセスの開始
インストールプロセスの開始

トランザクションの開始
トランザクションの開始

インストールしています...
インストールしています...







■インストールの終了
これでインストールが完了しました
CDなどを全て取り出してから「再起動」をクリック
インストールの終了





■再起動後の設定
「進む」をクリック
再起動後の設定





■ファイアウォールの設定
「無効」を選択し「進む」をクリック
あとで設定します
ファイアウォールの設定


・セキュリティレベルの上書き
この操作をしますか?と聞かれるので「はい」をクリック
セキュリティレベルの上書き





■セキュリティ拡張 SELinux の設定
必要ないので「無効」を選択し「進む」をクリック
セキュリティ拡張 SELinux の設定


・SELinux の設定確認
この操作を有効にするには再起動が必要です
再起動しますか?

「はい」をクリック
SELinux の設定確認





■Kdump の設定
そのまま「進む」をクリック
Kdump の設定





■日付と時刻の設定
そのまま「進む」をクリック
日付と時刻の設定





■ユーザーの作成
作成する場合それぞれに入力
作成しない場合、そのまま「進む」をクリック
ユーザーの作成


・ユーザーを作成しない場合
ユーザを作成しないのですか?と聞かれるので
「続ける」をクリックし、ユーザーは作成しない
ユーザーを作成しない場合





■サウンドカードの設定
音が鳴るか試すことが出来ます

そのまま「進む」をクリック
サウンドカードの設定





■追加のパッケージ
ここでパッケージを追加することが出来ます

そのまま「進む」をクリック
追加のパッケージ





■今までの設定を有効にするために再起動します
「OK」をクリックし、再起動
今までの設定を有効にするために再起動





■再起動完了
再起動完了


これで CentOS 5.1 のインストールは完了です


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール

最新版のダウンロードはこちら↓
EXCEL版
BlogHPEditTool.exe

※実行ファイル版を作成中の為、
 今後、修正やバージョンアップはありません。m(__)m

EXCEL版の最新版の説明はこちら

最新情報 (RSS)

ご意見・ご感想などはこちらにコメントくださいm(__)m

キーワードに合ったホームページを自動的に作っちゃおうツール